female

ストレス性胃腸炎やうつ病は改善できる│ストレス排出クリニック

コンプレックスの原因

ボイストレーニングで改善

頭ではしゃべるべきことが浮かんでいても、それをうまく口に出すことが出来ずに言葉がつかえてしまうという吃音に悩まされている人も世の中には少なくありません。吃音はその原因は一つではなく、複数の要因から吃音になってしまうのではと考えられています。その要因の中でも大きな割合を占めていると考えられているのが、人との会話に慣れていないということです。人との会話に慣れていないためスムーズに話すことが出来ず、それがコンプレックスとなってしまい益々吃音が酷くなるという悪循環に陥ってしまうのです。吃音は個人の癖でもありますが、治療が難しいため心療内科など医療機関での治療が主流になっています。落ち着いて会話に望むためのトレーニングを通して、スムーズな会話の方法を学ぶことが出来るでしょう。

幼児の場合は別扱い

スムーズに会話することが出来ない吃音ですが、実は幼児期にはそれほど珍しい症状ではありません。2歳頃から5歳までの幼児期は丁度言葉を覚えて話し始める頃ですが、まだまだ脳が未発達であるためにうまく話すことが出来ません。しかし、子供はそれでも覚えたばかりの言葉をしゃべろうとするのでどもってしまうことが多いのです。これは発達性吃音と呼ばれる症状であり、通常は成長するにつれて脳も発達するので自然と改善されていくものです。ですが、親が過度に注意したりすると子供はしゃべることを怖がるようになってしまい、脳の発達にも影響を及ぼします。そうなると幼児期を過ぎても吃音症状が出ることもありますので、幼児期の吃音にはあまり気にしないようにすることが大切です。